前へ
次へ

確実性の高い不動産投資への期待

老後の生活が不安と言う人が多くなっています。
政府が一時的でも、年金生活では暮らして行くことが難しく、更に現金が2000万円必要になると言う試算が出たことで、一挙に不安を感じてしまうことになったと思われます。
そんな老後の生活を送っている人に、今更ながら労働を強制することは無理なことです。
そのため株式や証券などの購入を勧めることが、多くなりました。
投資の中でも比較的安心と言われるものが、不動産信託と言われます。
投資信託の良さは、複数の不動産への分配投資が出来るメリットが生まれます。
これは一つの物件に集中することになる土地購入などと訳が違い、リスクの分散と言うことになるからです。
株式を勧める人もいますが、長い目で見る物件では大きな変動が期待出来ない上に、万が一の損失に備える必要性もあります。
その昔は預金などをして利子で暮らしていたこともありますが、今では預けるだけで使う時には逆ざやと言われる赤字にもなってしまう時代です。
確実性のある投資が選ばれる時代になりました。

Page Top