前へ
次へ

投資用の不動産物件のメリットと相続税の節約

ある程度の資産がある方々は、相続に関する税金を心配しています。
子孫に対して遺産を引き継ぐ時などは、大きな税金がかかってしまうからです。
1億円ものお金を子供たちに譲渡する時などは、かなりの税額になってしまう傾向があります。
もしも納税額が心配な時は、不動産物件に投資する事も検討してみると良いでしょう。
現金という形にするのではなく、あえて投資物件にしておく訳です。
確かに現金という形にしていますと、相続税の金額も大きくなってしまいます。
むしろ不動産の物件にしておく方が、節税できる事も多いです。
子供が支払う税金が心配な時は、あえて現金でなく住宅物件という形にする事も検討してみると良いでしょう。
とりわけ投資物件という形にしておきますと、節税効果も比較的大きくなります。
自分達が居住している住宅物件という形にするよりも、むしろ資産運用を目的とした物件しておく方が、節税効果も大きくなる訳です。
それに興味を抱いて、税理士の方々に相談している方も少なくありません。

Page Top